• HOME
  • ITEM LIST
  • PROFILE
  • MAIL MAGAZINE
  • BLOG
  • GUIDE
  • CONTACT

Q&A 先生が皆さんからの質問にお答えします!

皆さんからたくさんお寄せいただいた色々な質問を、峰倉先生にお答えいただきました!

  • キャラクターについて
  • 作品について
  • パーソナルなことについて

キャラクターについて

いつも敬語の八戒が天葬編で「おはよう悟浄」と言ってたのが新鮮でした。やはり彼も親友の悟浄の前では時にフランクな素が出るんでしょうか?(たぬきちさんより質問)

八戒自身は意図的に敬語キャラを貫いて(完全に身に付いて)いますが、三蔵一行に対してのみ、急を要する場合は敬語を端折る場面が今までにもチラホラ見られたかと思います。「避けて!」とか「縛って!」的な言い回しも稀に出ますが、これは余程切羽詰まって『敬語を付け加える一瞬すら惜しい』場合に限ります。
確かに悟浄にのみだいぶ緩いですし、逆に悟浄に対しては、怒りや厭味の度合いにより敬語度がUPします(笑)。酔いつぶれていつまでも起きて来なかった悟浄に対しては「おはようございます悟浄、お目覚めは如何ですか?」と笑顔でゆっくり発する事でしょう。
…他の二人には、諭す時くらいかな。三蔵に平手打ちした時みたいに。普段は三蔵には一応「目上の者」として、誰より丁寧に喋ってますけどね。

数あるキャラの関係の中で、峰倉先生がいいなと思う関係のキャラは誰と誰ですか?
例えば悟浄と八戒の親友関係や金蝉と悟空の親子関係(笑)など(くまたろうさんより質問)

…これは気を遣って答えるワケじゃなく、どのキャラ同士の関係性も描いていて楽しいのです。絡みの少ないキャラ同士の目新しいやり取りも新鮮で楽しいし、馴染みが深いキャラ同士の阿吽の呼吸も大好きです。
ただ、どうしても!というなら、捲簾&天蓬。不思議な言い方ですが、描いていてとても気楽です。物語の中では、どんなに仲が良いキャラ同士でも意見の相違や理念の不一致で不穏な空気が流れるような展開が度々あるのですが、捲簾と天蓬の場合、二人の間のちょっとした緊張感をも愉しむ余裕が彼らにはあるのです。…上手く言えないのですが。
逆に「緊張感を愉しむ余裕がある二人なのに、常に不思議な緊張感が漂っている」という理由で、光明と烏哭も好き。
番外として、「お互いに歩み寄る気がまったく無いけど何故かたまに意思の疎通が出来てしまう」中条と美柴。
……うーん、やっぱりどのコンビもトリオもカルテットも描いていて楽しいなぁ。あ、ヘイゼルとガトも好きでした……。

これまでに沢山のキャラクターという恐ろしく身も心もイケメンな(笑)子供たちを産んできた峰倉先生ですが、一番難産だった子はどの子ですか??(ピロ子さんより質問)

…まず私個人が、イケメン(笑)が苦手なので、イケメンキャラは作画で常に難産です!イケメン(作中の世界観において、ね)度合いが高いキャラほど、作画には倍々で時間がかかります……三蔵八戒美柴お前らの事だ。苦悶の表情してたり血反吐吐いてくれてる時は、描くのが少し楽です。顔が崩れて然るべき場面だから。ご存知のように私は「目隠れ&糸目好き」なので、久保田峯明天蓬中条恩田あたりは大変描き易いです。
キャラクター性としては……難産というのは実はまったく無いです。産むのは楽。育てるのは全員が全員とても大変だけど、とても楽しいですし。
唯一……唯一苦労した憶えがあるのが、アニメスタッフに依頼されてキャラクター原案をやらせて頂いた『幻想魔伝最遊記』の焰一行。キャラクタービジュアルは迷い無くすぐに描けたのですが、三人とも名前が全然決まらなくて……(ストーリー自体はアニメスタッフに委ねる事になっていたので、キャラクター性が定かでないから名前が浮かばなくて)。あまりに決まらず提出期限を過ぎてしまった為、編集部の皆さん数名に協力を仰ぎ、全員で会議室に籠って数時間。辞書を片手にホワイトボードに漢字を書き殴りまくりました。でも皆で案を出し合ったりするのが好きな私は、それもまた楽しかったのです。
因みにヘイゼル&ガトもアニメオリジナル用に依頼されて作ったキャラでしたが、名前つけて性格設定も自分の中で固まってしまったら、全部自分で描かなきゃ気が済まなくなって漫画独自で描かせてもらいました。

三蔵が紫、美柴くんが赤というようにイメージカラーがあると思うんですが、久保時のふたりには先生にとってのイメージカラーはありますか?どんな色なのでしょうか?(月子さんより質問)

どこかで答えてしまった気もしますが、久保田と時任は『白と黒』です。どちらが白でどちらが黒かは決めていません。どちらかが白の時はどちらかが黒、そんな二人です。基本的にWAも執行部も、二人とも服の色からほとんど白黒が基本です。生と死とか、光と闇とか、善悪とか、表裏一体なイメージです。

悟空は昔後ろ髪を縛っていましたが、あれは自分でやっていたのでしょうか?(ペトレンコさんより質問)

痛い所をついて来ましたね!(笑)当時の悟空が自分で縛れるワケがないので、もう三蔵しかいませんよね……。なんで結んだんだ三蔵。私は現場を目撃していないので詳しい事は分かりませんが、考えられるとしたら悟空が髪の毛を仏具か何かにひっかけて台無しにしたので、三蔵が「髪切りやがれ」って言ったら全力で嫌がるもんだから仕方なく結わってやったんでしょうね。そしたら毎朝悟空が「さんぞー、結んで」って紐持って来るのが日課になったんでしょうかね。三蔵は面倒くさがりながらも結んでやるんですね。微笑ましい。

悟空は本当にいい子に育ったなあと思うのですが、もし金蝉が今の悟空を見ることが出来たらどんな感想を抱くんでしょうか。(ういろうさんより質問)

すくすくと真っ直ぐ育った所は良いのですが、現在の保護者と友人の影響により、今の悟空は結構口が悪い&素行が悪いので、お坊ちゃんの金蝉はショックを受けるかもしれませんね……(笑)。
というのはさておき。『OVA最遊記外伝』の全巻購入全員サービスCDのミニドラマの中で、このご質問の答えに近いシチュエーションがチラッと出て来ます。悟空以外の外伝組と本編組の中身だけが入れ替わるという、キャストの皆様の演じ分けが素晴らしい(というかそれが聴きたいがために脚本を書いた)内容になってますので、そちらでご確認頂けると嬉しいです。

峰倉先生、デビュー20周年おめでとうございます。20年間付き合ってきたキャラたちの、デビュー当時では見られなかった意外な一面ってありますか。あれば是非教えて下さい。(皐宵さんより質問)

ありがとうございます〜これからも頑張ります!
デビュー当時では見られなかった意外な一面…沢山あり過ぎて書ききれません。
読者さんと同じように、物語を追いながら彼らの内面を少しづつ知って行ったので。
そして、キャラクター自身が経験を重ねて今も変化し続けている限り、彼らの新しい一面ならこれからもまだまだ見られる筈です。それが楽しみでもあり、読者さん達にも届けて行くのが私のお仕事だと思っています。

三蔵のハリセンは何処から入手していつから使っていたのでしょうか?(蒼華さんより質問)

あれは最高僧の特殊な術力において、額のチャクラから集めた気の力がハリセンという形となりすみません嘘つきました。謎は謎のままです。
五行山から悟空を出したばかりの時に、悟空を叩いたのが彼の処女ハリセンクラッシュだと思います。

20周年おめでとうございます!  キャラクター設定をする時に、ビジュアルから浮かぶのでしょうか?それとも設定や性格から浮かぶのでしょうか?(ぼのおばちゃんさんより質問)

キャラクターと物語ベースは切っても切れないので、頭からの基本の流れを一応書き出してみます。
新しい物を作る時にまず、物語の内容より先に、作品全体の雰囲気とか「やりたい事・描きたいもの」が生まれます。
そうしたら、最初に『主人公の人数』を決めます(この辺は常に群像劇にしたがる自分の習性です)。
決まったらその人数分の、キャラクターの性格やバックボーンをひたすら考えながら、同時にキャラクターのビジュアルを(落書き的にカサカサ描きつつ)決めて行きます。
大まかに固まったら今度は、主人公全員が揃った絵や、各キャラ同士のコンビの絵を総当たりで描いていって、各キャラクターの(その集団の中での)立ち位置や、仲間一人づつへの接し方・距離感、態度などを明確にして行きます。そうして行く中で例えば「このキャラとこのキャラはウマが合わないけど、この部分での共通点がある」みたいな感じで、関係性と同時に各キャラクターの趣味嗜好なんかもムクムクと浮かび上がって来ます。
キャラを決めるのと同時に、彼らが「何をするどういった集団なのか」を描きたかった物語テーマに合わせて決めます。ついでに世界観も決まります。
並行して、キャラのビジュアル(性格付けによる表情も)が決定したら、描いたキャラデザインのラフをじーーーーっと眺めながら、世界観や時代に合わせて名前を決めて行きます。
しっくり来る名前が浮かんだら、今度はメインキャラひとりづつからの『呼ばれ方』を決めます。その際、呼び名の全パターンを実際に声に出して呼んでみます。物語の中では必ず名前を叫ばれるシーンが出てくるので、実際に叫んでみます。叫んでみて違和感の無い&呼び辛くない『名前』を決定とします。端から見ると大変恥ずかしい作業ですが、意外と重要です。
同時に、キャラ同士のやり取り(会話)、付随して断片的なシーンがポコポコと生まれて来ます。この辺りでテンションが急上昇します。
ここまでで、世界観・キャラビジュアル・各種設定が決まりました。
そこで今度は、テーマに合わせた「作品のキャッチコピー」を考えます。……これは特殊かもしれませんが、これ考えないと漫画描けないんです私…。いくつか考えます。そうする事で、自分の中での『雰囲気』を掴みます。恥ずかしがらずにポエマーになります。同時に、作品タイトルも決めます。
──────最後に、ここまでに決定した設定を元に、やっと本筋のストーリーを考えます(笑)。
大まかですが、ほぼ全作品このルートで作って来ました。あくまで私の場合ですが、作家を目指している方の少しでも参考になれば。

先生はキャラの心理描写を描くとき、どんなことに気を付けながら描いてますか?(あげはさんより質問)

『二次元でのリアル』です。
それが紙の上の創作物である限り、三次元世界でのリアリティをそのまま持って来ると、逆に物語の中では嘘臭く見えてしまいます。
しかし、自分が感じた物・考える事をそこに投影しない限り、二次元でのリアリティもまた生まれないと思っています。
……と難しい事を言いつつ、実際は、キャラクターの動くままに発言させ、考えさせ、行動させます。たぶんそれがすべてです。
私の仕事は、キャラが自発的に発した言葉を一番よかれと思う状態にシェイプする事(漫画として読んで違和感ない、あるいは受け手に伝わり易い形で台詞におこすという事)と、キャラがその時の心理状態から自発的にした行動の、見せるべき部分の絵を画面に映してあげる事(コマ割と演出の問題)だけです。
──────端的に言うと『キャラまかせ』(笑)。

先生が、今まで登場させたキャラクターの中で一番印象に残っているのは誰ですか?(アヒルさんより質問)

……いやもうコレは、主人公達は誰一人欠ける事なく愛しているし、サブキャラ達も皆大事に思っているので……うーん。
主人公達は別格扱いとして、個人的に好きだったのは耶雲。
そして、WAのゲストキャラ全員。何故かというと、WAは各巻のゲストキャラがメインのストーリーテラーとなるので、久保田時任よりもゲストキャラのモノローグが中心となる為、そのキャラの心理をもの凄く考えるからです。おそらくWAのゲストキャラ達には、峰倉の人間性の「駄目な部分」が存分に投影されています(笑)。志村・翔太・治あたりが顕著かな……あぁ、全員ネクラで卑屈だ……(苦笑)。翔太と治と龍之介を混ぜるとだいぶ自分に近い気がする。

峰倉先生が一緒に居酒屋に呑みに行くとしたら全作品の中で一番行きたいキャラと一番一緒に行きたくないキャラを教えてください。理由もお願いします。(牧原まきおさんより質問)

大衆居酒屋なら、全員楽しそうでいいなぁ。三蔵一行だけでも賑やかで、楽しくお酒飲めそうです。
小さな呑み屋なら、三蔵悟浄捲簾天蓬久保田中条烏哭あたり……って、気がついたら全員喫煙者だ(笑)。じっくりお酒飲むなら肴も煙草も一緒に味わいたいので、それが分かってくれる人と一緒がいいです。

最遊記の三蔵一行4人を食べ物に例えてみると、誰が何になりますか??(ゆうりらっくまさんより質問)

「食べ物」と言われると漠然としているのですが、たとえば丼物に例えたら、三蔵はうな丼で、悟空はカツ丼で、八戒は山かけ丼で、悟浄は吉●家の牛丼だと思います。●野家好きです。
因みに金蝉はひつまぶしで、捲簾はすた丼で、天蓬はやっぱり山かけ丼だと思います。ちび悟空は親子丼。

高貴なお坊さんは幽霊が見えたり曰く付きの品(呪いのなんじゃら等)が分かったりする特殊能力があるイメージなのですが、三蔵様はそう言う能力ってあったりするんでしょうか?それとも幽霊は信じない派でしょうか?(三梨さんより質問)

三蔵はハッキリと霊感があります。当たり前と捉えていて、心霊現象が起きても動揺もしません。詳しくは小説『最遊記-3.螺旋の暦』、または小説『最遊記OMNIBUS』(どちらも一迅社刊)などを読んで頂ければ。それらにも書かれていますが、八戒にも当たり前のように霊感があり、悟空にも野生の霊感があり、悟浄にだけまったくありません(笑)。

三蔵様が好きすぎてかれこれ何年も眠れません。どうしたらよいでしょうか峰倉先生。(kuraさんより質問)

三蔵「……いいからとっとと寝ろ。」

久保ちゃんに狙われてしまった場合(時任絡み、時任に怪我をさせた等)はどうやったら逃げ切れますか?(春斗さんより質問)

既にお気づきの事と思いますが、基本的に逃げられませんので諦めて下さい。
時任が止めに入ってくれる可能性に期待しましょう。
ただし、時任を盾にするともっと恐ろしい事が……おっと誰か来たようだ。

なんで峯明はあんなに脱ぎたがるのですか?(ホットケーキさんより質問)

開放的な性格だからです。





たぶん。

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています。三蔵法師の「唐亜」や「羅漢」などの名称はどのように決まるのでしょうか。継承した経文によって決まっているものなのですか?(アウステルさんより質問)

はい、継承した経文(つまりは先代の持つ頭名)と共に引き継ぐ形になります。
光明は「唐亜光明三蔵」でした。ただし、例外もあります。

無人島に行くことになりました。1人だけ誰か連れて行くことが出来ます。作品の中から選ぶとしたら誰を連れて行きますか?理由も教えて下さい。(watashigaoshiemasuさんより質問)

捲簾以外に答えが思い浮かびません(笑)。狩りも出来てご飯作れて泳げて木登りもできて、サバイバル得意そうだし何かあったら絶対助けてくれるし精神力も強い……なんだあの万能男。